製造業におけるAI活用、成功のカギは“人材育成”にあり

長島清香 2018年06月13日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 機械学習の自動化プラットフォーム「DataRobot」を展開するDataRobot Japanは5月31日、「DataRobot×パナソニック トークセッション~日本の製造業におけるAI利活用の最前線~」と題したイベントを都内で開催した。

 DataRobotはエンタープライズ向けの機械学習プラットフォーム。本来であればデータサイエンティストが設計しなければならない機械学習プロジェクトのワークフローを大幅に自動化し、作業を効率化する。同社は「AIの民主化」をスローガンに、スキルレベルを問わず誰もが高精度なAIモデルを生成できる環境を目標としている。

 当日はパナソニック ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター 戦略企画部 部長の井上昭彦氏を招き、同社におけるAI活用などについてDataRobot Japanのチーフデータサイエンティストであるシバタアキラ氏が質問する形で進行した。

トークセッションに臨む、パナソニックの井上昭彦氏(写真左)とDataRobot Japanのシバタアキラ氏(同右)
トークセッションに臨む、パナソニックの井上昭彦氏(写真左)とDataRobot Japanのシバタアキラ氏(同右)

 トークセッションに先立ちあいさつを述べたDataRobot Japan ゼネラルマネージャーの原沢滋氏は、同社が2017年1月に日本オフィスを構える前から井上氏とAIの社内業務への組み込み方や社内推進などについて話をしていたことを紹介。「AI推進のためには、教育が重要。どういった方々に使わせていくのか、どうやってその方々にAIを理解してもらうのかは重要なポイントとなる」と語った。

DataRobot Japan ゼネラルマネージャー 原沢滋氏
DataRobot Japan ゼネラルマネージャー 原沢滋氏

パナソニックのAI活用を支える“リベンジ”への思い

 この日トークセッションに臨んだ井上氏は2000年にパナソニックに入社後、携帯電話向け画像処理LSIの開発、家電統合プラットフォーム「UniPhier」など半導体の設計開発を担当。その後、デジタルカメラ「LUMIX」の画像認識の研究開発を担当したことからAI関連技術に関わるようになり、全社AI強化の戦略を担当した。現在はAIソリューションセンターの戦略企画部長を務めている。顔検出ひとつをとっても条件がコンフリクト(競合)するなど従来型の機械学習に限界を感じながら設計をしている中で、ディープラーニング(深層学習)が出てきた際には、実感を持ってその凄さを感じたと振り返った。

パナソニック ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター 戦略企画部 部長 井上昭彦氏
パナソニック ビジネスイノベーション本部 AIソリューションセンター 戦略企画部 部長 井上昭彦氏

 手始めにシバタ氏から、パナソニックが同業他社よりもAI活用などで新しい試みができている理由について問われると、井上氏は「経営層も含めてIoT時代に“リベンジ”したいという思いがあった」と回答。「20世紀の工業化時代には白物家電やデジタル家電で成功していたが、21世紀のインターネット時代にあっては、ものづくりに最適化された企業の形から脱却できず勝てなかった」と振り返り、ビジネスを変革する思いと、第三次AIブームが訪れてAIを活用する話が一緒になって進んだというのが大きいと語った。

 パナソニックは2016年に「技術10年ビジョン」を策定。IoT/AI/ロボティクス領域と、エネルギー領域を2本柱として全社で注力すると決めた。社内におけるAIの活用法について井上氏は「新しい事業に対するAI活用」と「既存の業務プロセスを効率化するためのAI活用」という2つの方向性を列挙。

 そのためのAI推進体制については、技術10年ビジョンを策定した際に少人数でAI強化推進室を立ち上げ、1年半ほど人材育成を進めという。その後、各事業所やカンパニーでデータがたまってきたため、AIソリューションセンターを立ち上げて人材育成とともに新たなビジネスやソリューションの提供を行っているという。現在は100人ほどという同センターの人員のリソース配分については「新規事業が8割、業務の効率化が2割程度」と述べた。

 パナソニックでは2022年までに1000人のAI人材を育成することを目標として「育成プログラム」を提供しており、2017年度末で300人の育成が終わった状況にある。受講者が年100~200人程度であることから、計算上は間に合わない可能性もあるが、受講生自身が同部署の人間を教育することもあるため、トータルでソリューションのできる人材増を狙っているという。

DataRobot Japan チーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏
DataRobot Japan チーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]