編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

さくらのクラウド、セイコーソリューションズの仮想L7ロードバランサーを提供

NO BUDGET

2018-06-14 10:09

 さくらインターネットとセイコーソリューションズは6月13日、セイコーソリューションズの仮想L7ロードバランサー「Netwiser Virtual Edition SX-3890」を、さくらインターネットの「さくらのクラウド」において月額ライセンス提供すると発表した。提供開始は8月からの予定。

 Netwiser Virtual Edition SX-3890は、ソフトウェア版L7対応のロードバランサーで、国産品質の負荷分散・セッション維持・SSLオフロード機能などを搭載し、国内の官公庁、エンタープライズユーザーを中心に導入実績がある。日本語ウェブ画面で設定が可能だ。

「Netwiser Virtual Edition SX-3890」コントロールパネル
「Netwiser Virtual Edition SX-3890」コントロールパネル

 さくらのクラウドで提供する同製品は、初期費用不要で、月額制で利用できる。1ライセンスで実サーバ256台までの負荷分散とSSLオフロードが可能。コントロールパネル上からインストールし、すぐに利用開始できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]