編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

シスコ、位置情報サービスなど手がけるJuly Systemsを買収へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-22 11:58

 Ciscoは米国時間6月19日、米カリフォルニア州バーリンゲームに本拠を置く新興企業July Systemsを買収する計画を発表した。財務的な条件は明らかにしていない。

 July Servicesはショッピングモールや空港など、大規模な屋内スペース向けに位置情報サービスプラットフォームを開発している。このクラウドベースのサブスクリプション型サービスは、データドリブンな行動インサイト、コンテキストに応じたルールエンジンやAPIなどを備える。

 July ServicesはCiscoと数年間にわたって協業しており、「Cisco Connected Mobile Experience」のOEMや、「Cisco Meraki」のサービスプロバイダーとして実績がある。

 Ciscoのコーポレート事業開発および投資担当責任者のRob Salvagno氏は、ブログの投稿記事で次のように述べている。「この買収は、Ciscoがインテントベースのネットワークに取り組む上で役立つ。デジタル時代に向けた、ネットワークの構築と管理の全く新しい手段だ」

 July Systemsは、Ciscoのエンタープライズネットワーキンググループに統合され、ヘルスケア、政府機関、物流、製造、スポーツ競技場、ホテル、教育、小売を対象とした屋内位置情報サービスを強化していく。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]