編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

SHIFT、システム性能改善サービスを提供開始

NO BUDGET

2018-07-10 15:04

 SHIFTは7月6日、「システム性能改善サービス」の提供を開始すると発表した。

 このサービスは、発注元企業が抱えるシステム性能に関わる課題やニーズを把握し、SHIFTグループ間で情報連携し、マネジメント業務を行うもの。同サービスを利用することで、これまで難易度の高いマルチベンダー体制でシステム改善に取り組んでいた多くの企業は、SHIFTに窓口を一元化することができ、膨大なコミュニケーションコストを大幅に削減することが可能となる。

サービス概要
サービス概要

 SHIFTグループ各社は、システム課題の規模や内容に応じて、システムの運用・監視、改善に伴う適切な人的リソースも、同グループ内で確保する。グループには、品質保証を軸にシステム開発の企画・設計段階のコンサルティングやセキュリティなど、多岐にわたる専門分野を持った8つの子会社および複数の関連企業がある。

 4月にグループへの参画を発表した「システム性能の改善支援/トラブルシュートサービス」などを専門とするAiritechは、2017年に次世代APM(アプリケーション性能管理)ソフトウェア「Instana」の国内正規代理店として、システム性能とシステム構成の包括的な可視化、人工知能(AI)による問題の検出・診断などのサービスを提供し、自社のトラブルシュート/システム性能改善と組み合わせた取り組みを行ってきた。

 「システム性能改善サービス」では、Airitechをはじめとするグループ各社のノウハウ、ソフトウェアの品質保証の知見、セキュリティや運用・監視などをワンストップで提供する。

   

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]