編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スタイルアクト、クラウド型DBを導入--データ活用を効率化

NO BUDGET

2018-08-01 10:17

 日本オラクルは7月24日、スタイルアクトが不動産データの管理にクラウド型データベース「Oracle Database Cloud」を導入したと発表した。

 スタイルアクトは、事業の中核となる不動産データの管理と加工にパブリッククラウドを利用していた。しかし、データ量増加に伴い、既存環境における集計データの検索性能の低下が課題となっていた。また、データロードも長時間にわたるため、バッチ処理を夜間では終了しきれないことも度々生じていた。

 こうした課題に対処する方法として、既存サービスのストレージ容量を拡張することが考えられたが、インスタンスサイズ当たりのストレージ容量に上限があるため、当初と比較すると2倍以上の月額課金となることが判明した。

 そこで、既存システムに代わるソリューションを検討したところ、従来環境に比べて166倍の性能向上が見込めることや、データロード時間を大きく短縮できることなどから、Oracle Database Cloudの導入を決めた。同社では、将来的なデータ量の増加にも、CPUやストレージのサイズを個別に変更できるため、柔軟な対応が可能になることや、OSへの管理者ログインが可能なため、MySQLクライアントモジュールをインストールし、データ抽出がより容易になることなども評価している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]