編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

BIツールと帳票基盤で帳票を自動出力--年715時間の作業削減

NO BUDGET

2018-11-21 10:37

 武蔵コーポレーションは、ウイングアーク1stのSaaS型ダッシュボード「MotionBoard Cloud」、SaaS型帳票基盤「SVF Cloud」を連携させ、帳票を自動出力する仕組みを構築した。

 武蔵コーポレーションは、収益用不動産の売買・仲介・賃貸管理を主な事業としている。同社では、管理する収益用不動産の物件数がここ数年で大きく増加するに伴い、Excelを使った書類作成に負荷がかかっていた。

 この処理は、賃貸申込の条件に応じてそろえるべき内容や種類が異なるため、賃貸物件管理システムにアクセスし、必要な情報を確認しながら手作業で作業しなければならなかった。賃貸借契約で1件当たり15分程度の時間を要しており、経験の浅い営業担当者にはミスをしてはいけないという精神的な負担が発生し、経験豊富な社員にとっても負担の大きい作業で、1日に20件処理するのが限界だった。

 そこで、複雑な契約書類の出し分けをMotionBoard Cloudでルール化、そこから生成したキーをもとに賃貸物件管理システムから必要な情報を自動的に検索し、SVF Cloudに引き渡すことで帳票を自動発行するシステムを構築した。1件当たり10種類ほどの一括出力が可能となっており、帳票の順番も条件に応じて自動的にそろえて印刷できる。

 これにより、契約書類の出力作業時間をわずか2分に短縮でき、経験の浅い担当者でもミスなく正しい契約書類をタイムリーに取りそろえられるようになった。同社によると、年間715時間の削減効果が見込めるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]