編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

GitHub、無料ユーザーもプライベートリポジトリを無制限に利用可能に

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-01-08 10:02

 GitHubの無料アカウントを使用しているユーザーに朗報だ。プライベートなソフトウェアプロジェクトを作成/共有できるようになったのだ。

 GitHubは米国時間1月7日、無料プランのユーザーに対してプライベートリポジトリを無制限に利用できるようにしたと発表した。これにより、無料プランのユーザーでもソフトウェアプロジェクトを一般公開することなく、特定のコラボレーターと共有できるようになる。プライベートリポジトリは従来、月額7ドルからという有料プランでのみ利用可能だった。

 GitHubブログによると、1プロジェクトあたりのコラボレーターが3人までであれば、無料でプライベートなプロジェクトを推進していけるという。なお、パブリックリポジトリは今後も無料で利用でき、コラボレーターの数に制限はない。

 Microsoftによる75億ドル(約8200億円)という金額でのGitHub買収2018年10月に完了している。Microsoftは買収発表時に、GitHubは独立した事業として運営され続けると述べている。

Microsoft GitHub
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]