編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ファーウェイ、ARMベースのサーバ向け新プロセッサ「Kunpeng 920」発表

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-01-08 11:05

 中国に拠点を置く通信機器メーカーHuawei(ファーウェイ)は現地時間1月7日、ARMベースのサーバ向け最新プロセッサ「Kunpeng 920」を発表した。同社によるとKunpeng 920は、競合製品よりも低い消費電力と高い性能を実現しているという。

 Kunpeng 920は最大2.6GHzで駆動する64のコアを中心に、8チャネルのDDR4と、2つの100G RoCEポートをサポートしている。同社によると、このプロセッサは電力効率が競合製品に比べて30%優れているという。

 同社が実施したベンチマークテストでは、浮動小数点演算や分散ストレージ、ビッグデータ、ARMネイティブアプリケーションといった分野で性能向上が見られたという。

 またHuaweiは、「TaiShan」というARMベースのサーバシリーズも発表した。

 このシリーズには、「TaiShan 2280」と「TaiShan 5280/5290」「TaiShan X6000」という3つのモデルが用意される。TaiShan 2280は、2つのソケットと最大28基の2.5インチNVMe SSDをサポートする2Uベースのモデルだ。またTaiShan 5280/5290は、最大10ペタバイトのデータを格納できる4Uモデルだ。そしてTaiShan X6000は、2Uの4ノードサーバであり、同社によると1ラックに1万240のコアを収容できるという。

 同社によると、「ビッグデータというシナリオにおいて、TaiShanサーバはメニーコアによる高い並行性とリソーススケジューリングを最適化することで、コンピュート性能を20%引き上げる」という。

 「TaiShanサーバをベースにすることで、『Huawei Cloud』は弾力性のあるクラウドサービスとベアメタルサービス、クラウド電話サービスを実現することも可能になる」

 これら新製品の価格や出荷時期については明らかにされていない。

 なお、カナダのバンクーバーで現地時間2018年12月1日に逮捕されたHuaweiの最高財務責任者(CFO)Meng Wanzhou(孟晩舟)氏は、現在保釈中の身だ。

Huawei Kunpeng 920
提供:Huawei

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]