編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

山梨県庁、パターンファイル脱却でセキュリティ関連の運用負荷を軽減

NO BUDGET

2019-01-15 10:43

 山梨県庁は、約4200台のPCにエムオーテックス(MOTEX)のIT資産管理・情報漏えい対策ツール「LanScope Cat」を導入した。MOTEXが1月9日に発表した。

 同庁では、ネットワーク分離を行っているためパターンファイル更新が必要となる従来型のウイルス対策ソフトの運用負荷が課題となっていた。LanScope Catの導入で日々のパターンファイル更新は不要となり、これまで複数製品を使っていたインシデント発生時の原因究明の工程でも、運用負荷軽減と管理効率向上が期待できる。

 同庁では、LanScope Catについて、このほかに、1年半前の数理モデルでも最新のマルウェアに対応できる点なども評価している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]