AWSがフルマネージドのバックアップサービス「AWS Backup」をリリース

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-01-17 18:26

 Amazon Web Services(AWS)は、フルマネージドの集中型バックアップサービス「AWS Backup」を発表した。

 この新サービスを使えば、AWSのサービスとオンプレミスのデータを横断的に、高速かつ簡単にバックアップできるという。

 AWSは、このサービスは複数のサービスを横断的にバックアップすることが可能で、これにはデータベースやブロックストレージ、オブジェクトストレージ、ファイルシステムが含まれるとしている。

 リリース時点でAWS Backupに対応しているサービスは「Amazon Dynamo DB」「Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)」「Amazon Elastic File System(Amazon EFS)」「Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)」「AWS Storage Gateway」で、対応サービスは今後拡大される予定だ。

 また、AWS Backupと連携させたAWS Storage Gateway経由で、オンプレミスアプリケーションのデータをバックアップすることもできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]