編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

AWS、「MongoDB」互換のフルマネージド型DBサービス「Amazon DocumentDB」をローンチ

Asha McLean (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部

2019-01-11 10:44

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間1月9日、既存の「MongoDB」ワークロードをサポートするフルマネージド型のドキュメントデータベースサービス「Amazon DocumentDB(with MongoDB compatibility)」の提供開始を発表した。

 Amazonによると、Amazon DocumentDBのワークロードを実行、管理、拡張するのに現在使用しているものと同じMongoDBアプリケーションのコード、ドライバ、ツールを使用できる。

 Amazon DocumentDBでは、SSDベースのストレージレイヤを採用するとともに、3つの異なるアベイラビリティーゾーンにまたがる6つのレプリケーションが可能になっている。その結果、同データベースはプライマリからレプリカへのフェイルオーバーを30秒以内に行えるうえ、MongoDBのレプリカセットのエミュレーションをサポートしているため、アプリケーションはフェイルオーバーに迅速に対応できる。

 MongoDBのコレクション(リレーショナルデータベースのテーブルに相当する)にはBSONフォーマットで記述されたドキュメントが保存される。

 MongoDBのバージョン3.6と互換性があり、ストレージは10Gバイトから64Tバイトまで10Gバイト単位で拡張できる。

 AWSの説明によると、Amazon DocumentDBはデータベースへの変更のみをストレージレイヤに書き込むことでデータベースのI/Oを削減しており、従来のMongoDBソリューションよりも2倍高いスループットを実現しているという。

 現在、米国東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)の各リージョンで提供されており、価格はウェブページで確認できる。

キャプション

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]