編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

コニカ、4月から提供のマネージドサービス基盤に「Bplats」--アプリも追加

藤代格 (編集部)

2019-01-23 07:00

 コニカミノルタジャパン(コニカ)が4月から提供するマネージドサービス「Workplace Hub」のシステム基盤をサブスクリプションビジネスプラットフォーム「Bplats」を提供するビープラッツ(千代田区)と共同開発した。コニカとビープラッツが1月21日に発表した。

 Workplace HubはサーバーなどのハードウェアにOSなどのソフトウェア、ITサービスを統合したマネージドサービス。そのシステム基盤となる「Workplace Hub プラットフォーム」は従量課金がベースであり、ユーザー企業は実際に使った分だけ支払うというビジネスモデルとなっている。

 Hub プラットフォームは、タワー型の「Workplace Hub Entry」、ラックマウント型の「Workplace Hub Edge」、複合機とEdgeを一体にした「Workplace Hub AIO」のいずれかのハードウェアから利用する。遠隔監視や遠隔保守など、コニカおよび他社が提供するアプリを「Workplace Hub Platform Ready アプリケーション」としてラインアップしている。

 使用端末数や利用者の増加に伴うライセンスの追加購入は不要。IT環境の柔軟な拡張、縮小が可能で、処理量や利用者数、端末数など、常に実際の利用量に応じた金額に最適化された環境が維持できるという。

 クラウドとオンプレミス、双方の利用情報をクラウド基盤に集約。クラウドとオンプレミス、またサービス提供ベンダーが異なる支払いなどの請求処理を一本化。手間を省力化できるとしている。

 アプリケーションベンダーにとっては従量課金の仕組みの構築が不要。既存のアプリケーションで新たなビジネスモデルを実現できるとしている。

Workplace Hub プラットフォーム 従量課金基盤の概要(出典:コニカ)
Workplace Hub プラットフォーム 従量課金基盤の概要(出典:コニカ)

 日本専用端末として提供するEntryは、4月に提供を開始する。Edgeは2019年の秋~冬を目処に、AIOはその後に提供するとしている。

 コニカは同日、Platform Ready アプリケーションに「SKYSEA Client View」「Soliton CloudConnector」「NetAttest EPS Cloud」「Smart Info Search Lite」の追加を発表している。

Workplace Hub Platform Ready アプリケーション一覧

  • FaciRiza」:会議室、施設、設備予約管理システム【コニカミノルタジャパン】
  • 仕分け名人」:複合機連携簡単仕分けツール【コニカミノルタジャパン】
  • SOPHOS Synchronized Security」:総合セキュリティサービス【SOPHOS】
  • 「SKYSEA Client View」:IT資産管理サービス【Sky】
  • 「Soliton CloudConnector」:シングルサインオンシステム【ソリトンシステムズ】
  • 「NetAttest EPS Cloud」:アクセス認証クラウドサービス【ソリトンシステムズ】
  • 「Smart Info Search Lite」:情報検索エンジン【デジタルインサイトテクノロジー】

2019年1月現在、【 】内は提供元ベンダー名

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]