編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
調査

Pythonの利用目的は--データ分析での使用が急増

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-02-19 06:30

 Pythonは世界で最も普及しているプログラミング言語の1つになり、かつてないほど多くの開発者が同言語をデータ分析や機械学習(ML)、DevOps、ウェブ開発に活用するようになっている。

 Python Software Foundationと、IDE開発を手がけるJetBrainsが150カ国以上にまたがる1万8000人を超える開発者を対象に調査した結果をまとめた「Python Developers Survey 2018 Results」(Python開発者調査 2018年版)が公開された。それによると、Python開発者らの間で特に優先順位を上げてきている利用分野はデータ分析とMLだという。

 Pythonをどういった用途で使用しているか(複数回答可)という設問では、前年と同様にデータ分析(58%)とウェブ開発(52%)がそれぞれ首位と2位になったが、前年(それぞれ50%と49%)と比べるとその差は大きくなっている。また、それ以外の用途で著しい伸びを示しているのはMLとDevOpsだ。


Pythonの主な用途は何かという設問ではデータ分析とウェブ開発という回答が上位を占めた。
提供:Python Software Foundation/JetBrains

 一方、Pythonの一番の利用目的は何か(単一回答)という設問で最も多かった答えはウェブ開発(27%)であり、データ分析(17%)を大きく引き離している。

 とは言うものの、データ分析とML(11%)を「データ科学」というカテゴリとしてまとめて捉えた場合、同カテゴリがPythonで最も多い用途になる。

 Python開発者らはPython 2.7のサポートが2020年1月1日に終了することを意識しているようだ。調査ではPython 3を使用しているユーザーは84%にのぼっており、現在もPython 2を使用しているユーザーは16%となっている。ちなみに、前年のPython 3使用率は75%だった。

 Python開発者らが使用するウェブフレームワーク(複数回答可)としては「Flask」(47%)と「Django」(45%)の2つが圧倒的な人気を誇っている。ただし、Flaskの採用は前年から15ポイント増加している一方、Djangoの採用は4ポイントの増加にとどまっている。

 次にデータ科学フレームワーク/ライブラリ(複数回答可)は、利用率の高い順から「NumPy」「Pandas」「matplotlib」「SciPy」となっており、その後にML分野の「scikit-learn」と「TensorFlow」「Keras」が続いている。

 そしてPython向けのHTTPライブラリ(複数回答可)としては「Requests」が広く普及しており、その後に「Pillow」と「Scrapy」「asyncio」が続いている。

 クラウドを利用しているPython開発者の間で最も好まれているプラットフォームは「Amazon Web Services」(AWS)であり、その割合は55%だった。利用しているクラウドプラットフォーム(複数回答可)としてはAWS(36%)の後に「Google App Engine」(29%)、「Heroku」(26%)、「DigitalOcean」(23%)、「Microsoft Azure」(16%)が続いている。

 開発に最も多く用いられているOS(複数回答可)はLinux(69%)であり、その後に「Windows」(47%)、「macOS」(32%)が続いている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]