編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトの「TypeScript」など上昇--RedMonkプログラミング言語ランキング

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-25 12:26

 Microsoftのプログラミング言語「TypeScipt」の人気が上昇しており、Appleの「Swift」に続く順位についた。

 TypeScriptはMicrosoftが2012年に発表した言語だ。JavaScriptのスーパーセットで、大規模アプリケーション開発を見据えたものとなっている。開発者の分析を行うRedMonkが米国時間3月20日に公開したプログラミング言語ランキングでは12位となった。

 TypeScriptは2018年8月に発表された前回の調査から4つ順位を上げた。JavaScriptは首位となっている。TypeScriptの最新の順位は、RedMonkが「これまでで最も成長の速いプログラミング言語」とするSwiftの1つ下だ。

 RedMonkのStephen O'Grady氏は、「TypeScriptは確かにJavaScriptと近いことや、オプションの静的型チェックなどの安全性を実現する機能からメリットを得ている。だが、機能だけではこのペースで大きく前進できない。成長中の幅広いプロジェクトに活用されているはずであり、これら全てが、TypeScriptの成長が目覚ましく、持続性のあるものとなっている理由を示している」と説明している。

 RedMonkはGitHubでホスティングされているコードリポジトリやStack Overflowでのディスカッションを反映し、プログラミング言語の順位付けを行っている。ランキングは必ずしも言語の現在の使用状況を表わしているわけではないが、利用する開発者の多い2つのサービスからの指標の相関関係を用いることで、言語の採用について将来の傾向を予測できるとRedMonkは考えている。

 TypeScriptよりも急速に成長している言語は「Kotlin」だ。Kotlinは前回から8ランクアップし、今回の調査では20位となった。O'Grady氏によると、Kotlinの成長速度はSwiftに次ぐレベルだという。

 KotlinはGitHubの「2018 Octoverse」レポートでも、GitHubで最もコントリビューター人口が増えている言語となった。KotlinはGoogleが公式にサポートしているAndroidアプリ開発言語であることからAndroidのアプリ開発者に人気で、Googleによると「Google Play」で提供されているAndroidアプリのトップ1000のうち、27%でKotlinが使用されているという。

 RedMonkが発表した最新のランキング上位は以下の通りとなっている。

  1. JavaScript
  2. Java
  3. Python
  4. PHP
  5. C#
  6. C++
  7. CSS
  8. Ruby
  9. C
  10. Objective-C
  11. Swift
  12. TypeScript
  13. Scala
  14. Shell
  15. Go
  16. R
  17. PowerShell
  18. Perl
  19. Haskell
  20. Kotlin

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]