編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

パロアルト、新オープンセキュリティ基盤--機械学習で異常な行為を検出 - (page 3)

阿久津良和

2019-04-09 07:15

 同社は次世代ファイアウォール(NGFW)技術に強みがあり、専用機(アプライアンス)ベースの「PM」シリーズ、仮想アプライアンスの「VM」シリーズ、NGFWがクラウドで利用できる「GlobalProtect cloud service」を提供している。

 広瀬氏は「GlobalProtectやVMシリーズなどの次世代ファイアウォールとCortex XDR、Cortex Data Lake、Traps 6.0の組み合わせがベストだが、“Cortex XDR+Cortex Data Lake+Traps 6.0”の運用も可能」と説明。その際Trapsの既存ライセンスを持つ顧客に対しては割り引きなど行う予定だ。

 同社はエコシステムについて、「たとえばIoTデバイスやスマートフォンなど、セキュリティ対策機能を組み込めない環境に対して、次世代ファイアウォールやCortex Data Lakeのデータ解析でセキュアな環境を実現できる。そのようなアプリケーションの登場を期待したい」(広瀬氏)

 同社はセキュリティ運用の自動化技術(Security Orchestration and Automation Response:SOAR)分野で著名なDemistoの買収を3月末に買収を終えている。「AIを使って自律的に動作するSOC(Security Operation Center:セキュリティ監視センター)を目指す」(広瀬氏)という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]