arcserve、2つのバックアップ関連ソフトに新版--移行ニーズなどに対応

藤代格 (編集部)

2019-05-08 07:15

 arcserve Japan(千代田区)は5月7日、統合データ保護ソフトウェアとレプリケーションソフトウェアの新版「Arcserve Unified Data Protection(UDP)7.0」、「Arcserve Replication and High Availability(RHA)18.0」を発表した。最新のプラットフォームやアプリケーションへのサポートなどを追加。OSのサポート終了に伴う新しい環境への移行ニーズなどに対応するという。それぞれ同日に受注を開始し、5月10日から出荷する。

 UDP 7.0では、「Windows Server 2019」のほか、Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux 7.6」「CentOS 7.6」「Oracle Linux 7.6」「Debian Linux 9.6」へのサポートを追加。

 NutanixのKVMベースのハイパーバイザー「Nutanix Acropolis Hypervisor(AHV)」にも対応。アプリケーションのインストールが不要なエージェントレスバックアップで運用できるという。

 仮想マシン(VM)経由でバックアップデータを参照、復旧ポイントから即座に作成できるインスタントVM、バックアップ時にリカバリまでを実行させておく仮想スタンバイなど、リストア時間がない復旧方法を利用可能。AHV環境での容易な業務継続ができるという。

インスタントVM/仮想スタンバイ機能イメージ(出典:arcserve Japan)
インスタントVM/仮想スタンバイ機能イメージ(出典:arcserve Japan)

 「OneDrive for Business」「Exchange Online」「SharePoint Online」にも対応。増分バックアップや重複排除機能など、クラウドストレージのコストを抑制するとしている。

 RHA 18.0は、サーバー全体を複製するフルシステムシナリオ機能を追加。OSも含めたシステム全体を丸ごとレプリケーション可能で、各種設定までをそのまま引き継げるという。Linuxサーバーにも活用できる。

 Windows Server 2019のサポートを加えつつ、Microsoftのハイパーバイザー「Hyper-V」でクラスタ内にある複数のノードからディスクに同時にアクセスできるCSV(Cluster Shared Volumes)機能に対応。Hyper-V仮想マシンの災害対策がより簡単にできるとしている。

 購入は販売代理店から。税別価格は、UDP 7.0が10万円から、RHA 18.0が9万8000円から。それぞれ1年間の保守サポートが付帯する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]