編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

新アイコンが月次チャネルへ展開開始--「Office 365」更新動向【1904版】 - (page 3)

阿久津良和

2019-05-10 07:15

 Outlookは、LinkedInとの連携を強化し、メール送信者などにマウスオーバーすると現れるプロファイルカードにLinkedInプロフィールを示すようになった。以前からOutlookとLinkedInの連携は予告されていたが、また一歩進んだことになる。

筆者の職場または学校アカウントにLinkedInを紐付けた状態
筆者の職場または学校アカウントにLinkedInを紐付けた状態

Mac版を含むその他の更新

 バージョン16.24.19041401に更新したMac版だが、リリースノートによれば、Windowsデスクトップ版と同じく新アイコンに切り替わり、令和のグリフをサポートした。個別の変更点を見ると、Word/Excel/PowerPointは3Dアニメーションの挿入に対応し、Excelはリボンのカスタマイズ機能と相対参照を用いたマクロ記録機能が加わっている。

 PowerPointには、スライドに埋め込まれたメディアを[Control]キーを押しながらクリックして保存する機能やショートカットキーの強化、OutlookにはOffice 365 ATP(Advanced Threat Protection)セーフリンクのサポートが加わった。また、Microsoft AutoUpdateをバージョン4.10に更新し、インストールの機能強化と最適化が施されている。

 バージョン2.24(19041003)に更新したiOS版は、Outlookの予定表の配色が正しく反映されるようになり、検索対象に予定が含められるようになった。バージョン16.0.11601.20074に更新したAndroid版も変更が加わったのはOutlookのみ。iOS版と同じく予定表の検索と、スケジュール作成時に過去に予約した会議室のリストと空き状況が加わった。

 ウェブ版(Office Online)は、Excel Onlineに複数列または行で並べ替えるカスタムソートの作成機能、Word Onlineに機密ラベルを適用した文書で共同作業を可能にしている。ただし、同機能を利用するには、Office 365 E3/E5ライセンスが必要だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]