編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本特殊陶業、ウェブデータベース導入で50以上の申請業務を電子化

NO BUDGET

2019-05-22 10:10

 日本特殊陶業は、ドリーム・アーツのBPM型ウェブデータベース「ひびき Sm@rtDB(スマートDB)」を導入した。ドリーム・アーツが発表した。

 日本特殊陶業では、スマートDBを50以上の人事部門での申請業務を電子化し、社員からの問い合わせ数を大幅に削減していく予定だ。2018年8月に約7000人での利用を開始した。

 同社の人事部門では、既存の紙による業務の作業負荷が課題となっていた。まず「労務関連の申請」や「福利厚生関連の申請」といった日々の申請業務をスマートDBで電子化していく。現在は50以上の申請業務をスマートDBへ組み込むため、自部門でシステム移行を進めている。ユーザー自ら移行作業をすることで、これまでシステム担当者への業務説明などに要していた時間を大幅に削減できる。

スマートDBの活用イメージ:所属異動申請画面
スマートDBの活用イメージ:所属異動申請画面

 同社では、スマートDBは申請業務を行う登録者にとっても分かりやすく、直感的に操作できるようにデザインされているため、業務効率化が期待できるとしている。また、創出できた時間で事業推進・組織開発に向けた新しいプロジェクトを推進していきたいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]