「Evernote」だから簡単にできる--チーム内の日報管理術 - (page 2)

池田園子

2019-06-26 07:30

 本文には、その日やったことや共有事項、困っていることなど、これまで通り日報を綴ればいい。適宜フォントを大きくするなど、アクセントを付けておくと、見出しのようになって、全体的に見やすくなるのでおすすめだ。

 日報には画像を入れることもできる。メニューバーのクリップアイコン(ファイルを添付)をクリックし、必要な画像を挿入しよう。

画像の挿入

 日報を書き終えたら、ノートを日報専用のノートブックに移動し、「タグ」も忘れずに付けておこう。「日報_◯◯(自分の氏名)」や「日報_◯◯◯(チーム名)」などのタグを付けておくと、特定のメンバーやチームごとの日報を取り出しやすくなるからだ。

ノートを個別に共有する

 日報を格納するノートブック(前出の「日報」「2019年日報」など)を共有されているメンバーであれば、日報が該当ノートブックに移動した時点で、閲覧・編集などができるようになる。

 しかし、「この日の日報はそれ以外のメンバーにも共有したい」という場合は、ノート画面上の「共有」をクリック。

 「共有用リンク」をオンにして共有したい相手に送るか、「他のメンバーを招待」から、共有したいメンバーの名前やメールアドレスを入力し、併せて権限も設定する。「編集・招待が可能」「編集が可能」「閲覧が可能」から選択可能だ。

日報の共有

 日報はこのように蓄積していく。業務を振り返るだけでなく、一人ひとりが今困っていること、助けてほしいことを見える化したり、次にすべきアクションを決めたりする手助けにもなる。各自の日報を閲覧しやすい状態を作り、会社の資産として有効活用してほしいと願う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]