Box Japan、「Box Relay」の新版を提供開始--ワークフロー機能を強化

藤本和彦 (編集部)

2019-07-17 12:02

 Box Japanは7月16日、ワークフロー自動化とビジネスプロセス管理を支援するツール「Box Relay」の国内提供を開始したと発表した。IT部門のサポートや管理がなくても、ユーザー自身がBox上でワークフローを構築し、ビジネスプロセスを自動化できる。

 Box Relayは、米IBMと共同開発されたワークフローの自動化ツール。Boxのオプション機能として利用できる。これまでも簡易的なワークフロー機能は提供されてきたが、今回は新たにワークフローエンジンの強化やUI/UXの改善、イベントトリガーの拡充など、多くの機能を刷新してリリースした。

Box Relayの処理イメージ
Box Relayの処理イメージ

 IFTTTの入力と出力に対応し、連続かつ並行して発生するワークフローなど、複数の業務プロセスをサポートする。また、日付やドロップダウン、マルチセレクト、メタデータ属性などに基づいて、コンテンツを自動で処理することも可能になっている。SalesforceやPega、Nintexなどの外部ツールとの連携にも対応。ワークフローの履歴確認にリアルタイムで可視化できるダッシュボード機能も搭載する。

 また、ビジネスユーザー向けに新たにデザインされたUIを採用する。IT部門のサポートなどを受けずにプロセスの実行・編集・実行が可能になる。Boxの画面上で承認やレビューといったタスクを表示できるため、割り当てられたタスクを一カ所で確認できる。モバイル環境からのフロー処理も可能。

 Box Relayは有料版と無料のLite版を用意する。Lite版はワークフローのステップ数などに制限がある。

 同社執行役員 マーケティング部長の三原茂氏は、「ファイル共有とコンテンツ管理に単一のプラットフォームで対応できるのはBoxだけ。Box Relayを加えることで、クラウド時代のECM(エンタープライズコンテンツ管理)を実現する」と強調した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]