Boxがワークフローの自動化を行う製品を発表--IBMと共同開発

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-07 11:21

 Boxは、同社の新たな戦略の先駆けとなる、ワークフロー自動化システムを発表した。

 この新製品「Box Relay」のターゲットは、ServiceNowの事業領域と大きく重なっている。この製品の対象は、稟議や非構造化ワークフローなどの領域だ。

Boxは、同社の新たな戦略の先駆けとなる、ワークフロー自動化システムを発表

 Boxが目指すのは、繰り返し行われる業務を自動化し、企業の業務にコラボレーション、セキュリティ、コンプライアンスのノウハウを活用することだ。同社の市場は、Box Relayによってコンテンツとコラボレーション管理プラットフォーム以外にも広がる可能性がある。

 同社が「BoxWorks」カンファレンスで説明した新たな戦略は、顧客にコンテンツ、チームとのコラボレーション、簡単なワークフローに関する作業を1カ所で行える場所を提供するというものだ。

 もう1つ注目すべき点は、Box RelayがIBMとの協力で開発されたということだろう。Box Relayを利用すれば、事業部門の担当役員や意思決定者が、あらかじめ用意されたワークフローや、カスタムワークフローの作成、追跡、管理を行うことが可能になる。BoxとIBMは、Box Relayをアドオン製品として販売する予定だ。

 Boxの製品担当シニアバイスプレジデントを務めるChris Yeh氏によれば、この製品には「Microsoft SharePoint」やServiceNowの製品、EMCの「Documentum」などの製品やサービスと多くの点で競合するという。「しかしこの市場には、大きな隙間が残っていると感じた」とYeh氏は述べ、IBMとBoxはBox Relay開発に約1年間取り組んできたと付け加えた。

Box Relay

 Box Relayの特長はつぎのようなものだ。

  • ユーザーがカスタムワークフローや、サンプルを作成できる。IT部門の関与なしに、業務プロセスの自動化を行うことが可能。
  • ワークフローをパートナー、供給業者、顧客にも拡大できる。
  • ダッシュボード、電子メール通知、締め切りを追跡する機能などにより、業務管理にかかる時間を削減できる。
  • Boxに保存されているコンテンツを利用できるだけでなく、Salesforce、Microsoftの「Office 365」、Adobe製品とも統合できる。

 今後は、2016年第4四半期にベータ版がリリースされ、2017年前半に一般提供が開始される予定だという。

Box Relay
提供:Box

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]