Slack、一部のパスワードをリセット--2015年のハッキング問題を受け

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-07-19 10:37

 Slackを長年利用しているユーザーには、パスワードのリセットが必要だという通知が今日にも届くかもしれない。Slackは米国時間7月18日、2015年に起きたセキュリティ問題のため、約1%のSlackアカウントでパスワードをリセットすると発表した。

Slackのロゴ
提供:Chesnot / Getty Images

 2015年3月以降にパスワードを変更したユーザーのアカウントと、「Okta」や「OneLogin」のようなシングルサインオンサービスを利用しているアカウントを除いて、2015年の問題発生時にアクティブだったすべてのアカウントのパスワードをリセットすると、Slackは述べている。

 Slackは「これらのアカウントへの不正アクセスがあった事実はなく」、リセットは予防措置であると説明した。

 Slackによれば、ハッカーらは2015年、ユーザー名や暗号化されたパスワードといったユーザーのプロフィール情報を保存していたSlackのデータベースにアクセスしたという。攻撃者はSlackに、「ユーザーがパスワードを入力する際に暗号化されていない状態のパスワードを獲得することを可能にする」コードも挿入した。Slackは当時、影響を受けるユーザーに通知したが、「不正アクセスを受けた可能性がある Slack の認証情報」について先ごろ報告があり、2015年のセキュリティ問題の時にログインのあったアカウントだと判断したと述べている。

 Slackは、2要素認証の利用や、コンピューターのソフトウェアを最新の状態に保つこと、パスワード管理ツールの利用もユーザーに促している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]