編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

メルカリ、財経業務をシステムで自動化--決算時期の業務負荷を軽減

NO BUDGET

2019-07-25 12:36

 フリーマーケットアプリを展開するメルカリは、ブラックラインが提供する経理財務業務の自動化サービスを採用した。

 経理財務部門では、業務効率の課題として、銀行預金の残高照合手続きや資産・負債勘定の残高照合・突合処理、グループ会社間の債権債務照合などに多大な時間と手間が掛かっていた。今後、月末締め日前の業務集中を緩和など定型業務の効率化を図り、人手が限られた状況でも各メンバーがリアルタイムに経営層と情報を共有できるようにしていく。

 ブラックラインは、企業の経理業務を自動化・効率化するサービスをクラウドで提供する企業。2001年に米国で創業し、2016年10月にNASDAQへ上場。世界150カ国以上で2700社超の顧客を抱え、およそ22万人に及ぶユーザーがサービスを利用している。その特徴は、前の処理が終わらないと次の業務が始まらない直列型の処理ではなく、前作業の締めを継続的に業務を回し続ける継続型の処理を取り入れることで、負荷の平準化や処理の高速化を実現する。

 決算処理、照合管理、仕訳入力、会社間取引、統制保証といった財務経理の主要業務に対応する。SAP、Oracle、NetSuiteなどの統合基幹業務システム(ERP)や経理財務システムとのコネクター類も提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]