編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

インテルとバイドゥがクラウド、AI、5Gなどで協力へ--3年契約を締結

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-08-02 10:36

 Intelは米国時間8月1日、中国の検索サービス大手である百度(Baidu)と3年契約を締結し、Baiduの中核事業、すなわちクラウドや人工知能(AI)、自動運転、5G、エッジに関するテクノロジーで協力していくと発表した。10年にわたってパートナーシップを築いてきた両社の今回の契約に基づき、Intelは同社のプラットフォームや製品をBaiduのために最適化する。

Intel
提供:Intel Corporation

 両社は緊密に連携し、高性能で最先端の機能をBaiduのさまざまなプラットフォームや製品、サービス、具体的にはBaiduのAIクラウドや、モバイル検索/フィード、ビデオストリーミング、AIプラットフォーム「BaiduBrain」、ディープラーニングプラットフォーム「PaddlePaddle」、自動運転プラットフォーム「Apollo」、音声アシスタントプラットフォーム「DuerOS」にもたらす。

 また両社は、Intelの主要なテクノロジーをベースとするイノベーションに投資していく。データセンターにおける電力/冷却ソリューションや、「Intel Xeon Scalable」プラットフォーム、「Intel Optane DC Persistent Memory」「Intel Optane DC SSD」、シリコンフォトニクス、イーサネット、AIアクセラレーター、Intelのソフトウェアスタックなどだ。Baidu向けに最適化されるうえで、これらのさまざまなテクノロジーが活用されることになる。

 Intelは、顧客が「データ中心」のビジネスを構築できるよう、強力な戦略的パートナーとしての役割を果たそうと取り組みを進めている。7月にはSAPとの提携を発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]