人間とコンピューターの関係から考える未来の職場の風景

永長純 小林伸睦 (シトリックス・システムズ・ジャパン)

2019-08-28 07:00

 人間とコンピューターとの関わり方は、未来の仕事に巨大な影響を与えるであろう劇的な変化のさなかにあります。

 Stanley Kubrickの1968年の映画『2001年宇宙の旅』は音声認識や自然言語処理、情緒的行動の解釈、自動化された推論などを行うことのできる、どこにでもあるマシン(映画ではHAL)が「同僚」や「乗組員」の役割を担うようになるという未来をほぼ正確に予想していました。

 これが職場において現実のものとなるまでにはまだ時間がありますが、関心を抱くべきは“人とコンピューターとの関係(Human Computer Interaction:HCI)”が向かおうとしている方向性であり、最終的には人間とマシンが対等な関係になろうとしていることです。

 私たちの多くはすでに日常的に機会と会話し、SiriやAlexaなど音声アシスタントに対してシンプルな音声コマンドを使っています。デジタル音声アシスタント市場は急速に拡大しており、使用される音声アシスタントの数は2019年の32億5000万台から2023年までに約80億台に増加すると予想されています。

 私たちはスマートフォンと音声アシスタントとともに育ち、日常的な業務の一部についてはコンピューターに任せられることを期待する世代が職場に加わり始めていることを目にしています。

ツールボックスから同僚へ

 初期のコンピューティングにおいては、人間がコンピューターの召使いとなり、パンチカードなどによりデータを供給するとともに、コンピューターの稼働をサポートしました。今日ではコンピューターは単なるツールボックスを超え、画面の2次元インターフェースを通じて使うことができ、私たちのやりたいことを支援する存在となっています。

 しかし人間とマシンとの関係は徐々に変化してきており、コンピューターはあらゆるデジタルプラットフォームとコンピューターを通じて人間に触れる、さらに普遍的に存在するインテリジェンスのソースとして、人々がより容易に、効率的に何かを進めることを支援する存在になろうとしています。

 私たちは人工知能(AI)による人間とテクノロジーとの関係への影響について目にし始めたばかりであり、Amazon Echo、Apple HomePod、Google Homeなどのスマートスピーカーが持つ能力は、すでに単純な音声コマンドへの対応に留まらず、家庭内のアプリケーションとやり取りによるエコシステムをサポートするものへと進化しようとしています。

 音声とAIがビジネスとワークフローのためのシステムを構成する要素のひとつとして広く使用されるまでにはまだ時間を要しますが、変化やそれが仕事の未来に及ぼすかもしれない影響の兆しはすでに現れ始めています。コンピューターは賢くないツールから、「人間のような」同僚やアシスタントへと変化しようとしています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]