編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

東北大とNEC、量子アニーリングを活用したSI実務の高度化で共同研究

NO BUDGET

2019-10-30 09:59

 東北大学とNECは、量子アニーリングマシンを活用したシステムインテグレーション(SI)実務の高度化を推進する共同研究を開始したと発表した。

 東北大学では、量子アニーリング方式の量子コンピューティング利用技術の最先端研究を行っており、日本における効率的運用・研究開発の促進を目的とした量子アニーリング研究開発コンソーシアムも設立している。今回は、NECの実務経験で形式化されたSIビジネス課題の量子アニーリングによる解決に共同で取り組む。

 共同研究は、量子アニーリング導入によるシステム自動設計の超高速化と量子アニーリングの確率的動作を利用した人工知能(AI)の学習データの拡充の2つが柱となる。

 システム自動設計の超高速化では、制約条件を量子アニーリングで高速に求解し、最適化されたシステム設計を高速に導出することを目指す。

量子アニーリング導入によるシステム自動設計の高速化
量子アニーリング導入によるシステム自動設計の高速化

 また、AIの学習データの拡充では、従来のコンピューター上のプログラムで生成可能なデータではなく、量子アニーリングマシンの確率的な動作を活用し、予測可能な生成ルールが存在しないが、学習データとしての条件は満たしているデータを作成する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]