編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

デル テクノロジーズ、オブジェクトストレージの新モデルなど投入

ZDNet Japan Staff

2019-11-01 12:44

 デル テクノロジーズ(デル/EMCジャパン)は11月1日、オブジェクトストレージ製品の新モデル「ECS EX500」と最新ソフトウェアの「ECS 3.4」を発表、同日に提供を開始した。

 EX500は、1つのラック内で480TB~4.6PBの範囲で構成をスケールアップできる点が特徴。ラックの増設でさらにスケールアップ(最大16ノード/ラック)ができる。デュアル10コアプロセッサーの採用で処理性能を強化したほか、フロントアクセスに対応し、ホットプラグが可能なドライブとなる。

 ECS 3.4では、セキュリティの強化によって外部の暗号鍵サーバーと連携による暗号化鍵管理をサポートするほか、監視レベルの詳細化とネイティブなGrafanaとの連携を通じてデータの視覚性を高めた。また、オブジェクト当たりのメタデータのオーバーヘッドを削減したことで、利用可能な容量を増加させている。上述のEX500をサポートしており、従来のEXシリーズストレージではアップグレードができる。

 ECS EX500とECS 3.4の標準価格は6350万円(標準的な保守・導入作業費用込み)からで、デルとEMCジャパンのビジネスパートナーから提供される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]