編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ウィルグループ、オラクルの自律型クラウドDWH採用--運用管理の工数削減狙う

藤代格 (編集部)

2019-11-11 07:00

 日本のほかアジア太平洋地域など海外6カ国で人材の派遣、紹介などを事業とするウィルグループ(中野区、連結従業員数3529人)は、クラウド型データウェアハウス(DWH)「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud(ADW)」を採用。新規サービスの開発など「攻めのIT」に多くのリソースを投入できる体制の構築を目指すという。11月6日、国内でADWを提供する日本オラクル(オラクル)が発表した。

 契約や勤怠、給与、はたまた派遣スタッフと顧客業務内容の管理、そのマッチング機能などを備える基幹システム「派遣社員管理システム」を2016年7月から稼働させている。同システムはリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Oracle Database」をベースにオンプレミスで構築した。現在約2万人の社内外スタッフが常時利用しているという。

 少人数のIT部門で運用しており、トラブル対応やベンダー管理に多くのITリソースがかかっていたという。運用管理工数をかけずに安定したパフォーマンスを維持できるシステム基盤への移行を検討したとしている。

 構築、運用管理にリソースをかけずに利用できるという“自律型”データベース「Oracle Autonomous Database」の第1弾となるADWを活用したデータベース基盤への移行を検証。本番に近いデータ量、環境で数種類のテストを実行し、平均以上のパフォーマンスが得られたという。多数の検索条件からの特定人材のセレクト処理などでは想定の10倍以上の結果で、移行の手間も想定以下だったとしている。

 2020年までに移行し、現状65%で直接的に売上をもたらさない「守りのIT」投資を2023年度に50%まで下げ、売上につながる投資を増加させるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]