編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「別会社のイメージで展開する」オラクル、デジタル部隊の新拠点を開設

藤代格 (編集部)

2019-01-21 07:15

オラクルのFrank Obermeier社長
オラクルのFrank Obermeier社長

 日本オラクル(オラクル、港区)は1月17日、新しい営業拠点となる「Oracle Digital Hub Tokyo」の開設を発表した。「Oracle Cloud」への需要増に応じたクラウド成長計画の一環で、日本全国の中堅中小企業(SMB)を対象とする営業部門の拠点として、東京都港区北青山の日本オラクル本社内に設置。「Oracle Cloud Applications」「Oracle Cloud Platform」「Oracle Cloud Infrastructure」などのSaaS、PaaS、IaaSを担当する「Oracle Digital」と、クラウドERP「Oracle NetSuite」を担当する部隊のオフィスとしてマーケットシェアの拡大を狙い、2019年1月から本格稼働しているという。

 オラクルではSMB市場でのクラウドの大きなニーズを感じ、1年半ほど前から事業に取り組んでいるという。SMBということで小さいと捉えられがちな案件単価は、オラクルの2019年上期のアプリケーションビジネスのトップ10にいくつかランクインする見込み。取締役 執行役社長 最高経営責任者(CEO)を務めるFrank Obermeier氏は、「日本のSMB市場の規模は何千億円の規模になると言われている。既存のシェアに加えてきちんとマーケットシェアをとっていきたい」と意気込む。

オラクル・デジタルのコンセプト
オラクル・デジタルのコンセプト
本多氏
本多氏

 SMB市場へのクラウドビジネスを推進するにあたり、Digital Hub Tokyoが大きな役目を果たすという。執行役員 オラクル・デジタル本部長の本多充氏は、「従来のオラクルは大手SIと連携したビジネスが中心で、なかなか顧客の声を直接聞く機会がなかったが、この1年半の活動で本当に困っている実態を把握できた」と成果を語る。

正面エントランス(出典:オラクル)
正面エントランス(出典:オラクル)

 数寄屋造りをコンセプトとしつつ、その場ですぐにミーティングできる。リモート対応可能なワークスペースを複数備え、日本全国スピーディーに対応できるという。快適に働きやすく、コラボレーション可能なサステナブルワークスペースになるとしている。

 クラウドに合わせた最新のテクノロジーや手法、ツールなどを駆使し、スタートアップ企業のような発想で効果的かつタイムリーな顧客サポートを提供するという。

 人材の採用基準も従来の社員とは異なる。“泥臭く顧客に向き合え、ポジティブなマインドセットを持ち、楽しく取り組める人材”を集めているという。服装も執行役員レベルからカジュアルに変更。オラクルデジタルの責任者を務めるという執行役員 クラウド・アプリケーション事業統括 オラクル・デジタル本部長の善浪広行氏は「“オラクル”ではなく、“オラクル・デジタル”という別会社を展開しているイメージ」と語る。

デザインコンセプト
デザインコンセプト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]