編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

損害保険ジャパン日本興亜で、AIエンジン活用のナレッジ検索システムが稼働

NO BUDGET

2019-11-18 17:49

 損害保険ジャパン日本興亜は、代理店向けナレッジ検索システムを人工知能(AI)エンジンを活用したものに刷新し、本番運用を始めた。順次、全国の代理店へ導入していくという。AIベンチャーのグルーヴノーツが発表した。

 新システム「教えて!SOMPO」には、グルーヴノーツが提供するクラウドAIサービス「MAGELLAN BLOCKS」の文書検索エンジンが用いられている。

 MAGELLAN BLOCKSは、高度な自然言語処理技術を活用して独自に開発した文書検索エンジン。言葉の特徴ではなく文章全体の特徴をベクトル化することで、問い合わせに対して意味的に近い文章を瞬時に見つけることを可能にする。質問者は日常的に使っている言葉でチャットポットを通して問い合わせを行うことにより、適切な回答を検索できるという。

(出典:グルーヴノーツ) (出典:グルーヴノーツ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 MAGELLAN BLOCKSの検索精度は、実証段階で80%を超えたとしている。質問者が求める情報を一覧表示できるようになり、結果として回答までにかかる業務時間を削減しているという。

 損害保険ジャパン日本興亜では、事故・保険金の各種手続き、関連法律・税務、販売方法に至るまで、さまざまな規程・マニュアル類・よくある質問・知識などを綿密に整備し、営業店・代理店に提供している。だが、各種コンテンツの中から、営業店・代理店が顧客からの照会に最適な回答を見つけ出すには、検索システムの高度化・効率化や適切な情報更新が求められていたという。

変更履歴…2019年11月19日、初出時の掲載画像を変更いたしました。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]