編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日本IBM、コンテナー対応のミドルウェア製品群「Cloud Paks」--企業のクラウド移行を促進

藤本和彦 (編集部)

2019-11-28 07:00

 日本IBMは11月27日、Dockerコンテナーに対応したミドルウェア製品群「IBM Cloud Paks(ICP)」の戦略説明会を開催した。

 取締役専務執行役員 事業開発担当兼ハイブリッド・クラウド・リードの三澤智光氏は会見の冒頭で、IBMによるRed Hat買収の意義について、「オープンソーステクノロジーを一般企業で利用できるようにして提供し、コンテナー基盤のリーディングプロバイダーとしてオープンなハイブリッド/マルチクラウドのプラットフォームを提供」していくことだと語った。

 その上で、IBMでは今後、パブリッククラウドとプライベートクラウドの標準エンジンとしてコンテナー管理基盤「Red Hat OpenShift」を採用していくとし、ICPは両社の協業により生まれたソリューションと位置付けられている。

 ICPは、IBMやオープンソースソフトウェア(OSS)のミドルウェア群をKubernetes環境向けに再構築し、「Red Hat OpenShift」上で動作するように最適化したものになる。コンテナー化されたミドルウェア群、運用サービス、コンテナー基盤の3層構造になっており、運用サービスとコンテナー基盤の部分をOpenShiftが担っている。IBMが認定したソフトウェアをフルスタックでサポートし、継続的なセキュリティ更新やコンプライアンス対応、バージョン互換性の維持が図られる。

 IBM CloudやAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドサービス、オンプレミスシステム、プライベートクラウドなど、OpenShiftが動く環境であれば実行できる。

 従来型の基盤では、システムごとにミドルウェアなどの運用体制を構築していた。ICPでは、ミドルウェアでそれぞれに設定していたQoS(サービス品質)をKubernetesに切り出すことで、ミドルウェアとOpenShiftのモニタリングを共通化し、さらにミドルウェアの軽量化と効率化を図った。

従来型基盤(左)とICP環境
従来型基盤(左)とICP環境

 現在のミドルウェア群は、長年にわたって機能強化などを繰り返してきたことにより「メタボリックな状態」(三澤氏)になってしまったという。そこで、2年半以上の月日をかけてミドルウェアのリファクタリングを進め、クラウドネイティブなアーキテクチャーに刷新した。

 ICPは、2019年11月時点で6つのパッケージがリリースされている。アプリケーションをビルド/デプロイ/実行する「ICP for Applications」、データを収集/編成/解析する「ICP for Data」、アプリケーション/データ/クラウドサービス/APIを統合する「ICP for Integration」、ビジネスプロセス/意思決定/コンテンツを変革する「ICP for Automation」、マルチクラウドを可視化/ガバナンス/自動化する「ICP for Multicloud Management」が8月に発表され、セキュリティのデータ/ツール/ワークフローを結び付ける「ICP for Security」が11月20日に発表された。

 ICP for Securityについては、執行役員 クラウド&コグニティブ・ソフトウェア事業本部 IBMセキュリティー事業本部長の纐纈昌嗣氏が説明。マルチクラウドによりITシステムの断片化・分断化が進み、セキュリティの監視体制は悪化していると指摘した上で、ICP for SecurityはDockerとKubernetesを使って新しいアーキテクチャーとして作り直したと語った。詳細については既報の記事をご覧いただきたい。

ICPの各パッケージと効果
ICPの各パッケージと効果

 常務執行役員 クラウド&コグニティブ。ソフトウェア事業本部長の伊藤昇氏は、「クラウド技術が世の中に出た10年間で20%のワークロードしかクラウドへ移行できなかった」とエンタープライズの置かれている現状を指摘し、企業の競争力の拡大には残りの80%のITシステムのモダナイズが必須だとした。

 ICPの販売戦略については、組織の枠を超えて企業のITモダナイゼーションを支援する体制を整えた他、「デジタル・イノベーション事業開発」チームの新設、「Cloud 道場」セミナーの開催、試行パッケージ「Try Cloud Paks」の提供などを進めていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]