編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

ゾーホー、運用管理ソフトに上位版--ネットワーク機器の設定管理などを統合

藤代格 (編集部)

2019-12-09 07:15

 ゾーホージャパン(浜市西区)は12月6日、提供する運用監視ソフトウェアの新版「ManageEngine OpManager Plus」を発表した。ネットワークを統合的に管理可能。ソフトウェアのコストや障害時の調査工数を削減するという。同日から提供する。

 ネットワークの死活監視と遅滞、トラフィック、状態などの性能監視、IPアドレスやスイッチポートの管理などができる「ManageEngine OpManager」の上位版という位置づけ。

 別製品の機能として提供していたネットワークのトラフィック分析やネットワーク機器の設定管理、ファイアーウォールログの管理などを統合。1つの製品として提供。サーバーのスケールアウトや再起動などの定型業務を自動化する機能「ITワークフロー」が標準で搭載されている。

ダッシュボード画面イメージ(出典:ゾーホージャパン)
ダッシュボード画面イメージ(出典:ゾーホージャパン)

 必要なライセンスは監視、管理する対象や数によって変動する。例えばサーバー、ネットワークを50台、フローを15インターフェース、コンフィグを15デバイス、ファイアウォールログ解析を1デバイス、IPアドレスを250アドレス、スイッチポートを250ポートの管理には50デバイスライセンスが必要。

 50デバイスライセンスを1年間利用可能な製品ライセンスに保守サポートサービスを含んだ「年間ライセンス」が税別年額利用料52万円から。無期限の製品ライセンスに初年度のみの年間保守サポートサービスは125万円から。30日間すべての機能を無料で試用できる評価版も提供する。

価格表、上限数(出典:ゾーホージャパン)
価格表、上限数(出典:ゾーホージャパン)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]