編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

イスラエルのスポーツウェアメーカーがインフォアのERPをグローバル導入

NO BUDGET

2019-12-09 11:10

 インフォアジャパンは12月3日、下着とスポーツウェアの開発・製造・販売を行うイスラエルのTefronが、ファッション業界に特化したERP(統合基幹業務システム)パッケージ「Infor M3」の導入を完了したと発表した。現在、Tefronのイスラエル、米国、カナダ、中国にある生産・流通拠点で、100人以上の従業員に利用されている。

 Infor M3の導入は、Tefronの情報システム部門の協力のもと、InforのパートナーであるIntentia Israelが実施した。Tefronの日常業務を中断することなく、予定期間内にInfor M3の導入が行われ、世界中の全ての拠点において同時に本稼働させることができたという。

 今回のシステムには、Inforのソリューションと他のエンタープライズソリューションを統合する「Infor ION」プラットフォームと、電子アーカイブ、レポート作成ツール、「M3 Enterprise Collaborator」(MEC)ワークフローアプリケーションを含む、Infor M3(バージョン13.4)の全ての新しい機能が組み込まれている。また、オペレーティングプラットフォームの中核となる「Infor OS」も組み込む予定で、さまざまなソリューションやツールを単一かつ同期されたインターフェースで管理できるようになるとしている。

 Tefronで情報システム担当ディレクターを務めるGregory Koren氏は、今回のERP導入に当たり「Infor M3は、弊社の成長を支える重要なインフラストラクチャーであり、将来のあらゆる選択肢を探求するための視野を与えてくれます。重要なプロセスを中断・遅延することなく、計画通りに新システム稼働させることができた」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]