HPE、「Greenlake」事業責任者にマイクロソフトのクラウドなど率いたベテラン起用

Larry Dignan (ZDNET.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-12-12 12:33

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、「Microsoft Azure」などを担当していた経験豊富な人物に「HPE Greenlake」事業を託す。

 HPEは、Microsoftに約20年勤務したベテランのKeith White氏が、HPE Greenlake事業部門を率いることを明らかにした。

 Keith氏は、Microsoftでエンドツーエンドの市場開拓戦略やクラウド事業戦略の展開で中心的な役割を果たしてきた。直近ではインテリジェントクラウド、ワールドワイドコマーシャルビジネス担当のバイスプレジデントを務めていた。さらにHPEは、同氏のフィールドセールスやマーケティング、パートナーエコシステムやビジネス戦略などでの豊富な経験に期待している。

 HPEは、Greenlake部門と「HPE Greenlake Central」を強化し、2022年までにポートフォリオ全体を「as-a-service」として提供できるようにしようとしている。

 HPEのハイブリッドIT担当のプレジデントのPhil Davis氏は、ブログ記事の中で次のように説明している。

 「エッジからクラウドまで扱うトップのPaaS(Platform as a Service)企業になろうと変化する中で、Keithの役割は、エッジ、クラウド全体、そしてデータセンターで、HPEが顧客とパートナーのワークロードにシームレスなクラウド体験を提供し続ける上で非常に重要となる」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]