編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NEC、羽田空港の保安検査場に「待ち時間予測システム」を構築

大場みのり (編集部)

2019-12-12 15:43

 NECは、羽田空港国際線旅客ターミナルに保安検査場内の混雑状況を分析・可視化する「待ち時間予測システム」を提供した。

 同システムは2019年10月に本格稼働を開始した。監視カメラなどの映像から混雑状況を検知する「群衆行動解析技術」や、人の動きを捉える3Dステレオ視覚センサーを活用している。人の流れや通過人数を自動的に収集・分析し、混雑状況から待ち時間を予想することで、リアルタイムに知らせる。

 このシステムにより出発する旅客の利便性が向上し、結果として2カ所ある検査場の利用率の平準化や、航空機運航の定時性の向上にもつながるという。将来的には、同システムにおける人工知能の予測精度を向上させ、数時間後の待ち時間といった情報を提供することを目指していく。

 NECは今後、映像解析技術をはじめとする先進ITを活用したサービスの開発を強化し、競技場やテーマパークなど、空港以外の施設への導入を進めていくとしている。

待ち時間予測システムの概要(出典:NEC)
待ち時間予測システムの概要(出典:NEC)
設置されたサイネージ(出典:NEC)
設置されたサイネージ(出典:NEC)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]