編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ヴイエムウェア、AIベースのネットワーク分析を手がけるNyansaを買収へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-01-22 12:47

 VMwareは米国時間1月21日、人工知能(AI)ベースのネットワーク分析を手がけるNyansa(本社:カリフォルニア州パロアルト)を買収する意向を明らかにした。買収手続きはVMwareの2021会計年度第1四半期に完了する見込み。条件は明らかにされなかった。

 VMwareは、ネットワーク分析とIoTセキュリティ用のAIOps(Artificial Intelligence for IT Operations:IT運用のための人工知能)プラットフォームである「Nyansa Voyance」と「VMware SD-WAN by VeloCloud」を組み合わせる計画だ。VMwareは両製品を組み合わせることで、Wi-Fi機器やLAN機器にソフトウェア定義機能を追加し、企業のキャンパスや支店に向けたポートフォリオの拡充につなげられるはずだ。また、これによりユーザーは、ネットワークトラフィックやアプリケーションのパフォーマンスに関する包括的なデータを入手できるようになる。

 VMwareのVeloCloud事業部門を率いるバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのSanjay Uppal氏は声明に、「Nyansaの買収によって、業界をリードするVMwareのSD-WANソリューションにおけるLAN/WAN配備のためのエンドツーエンドの監視およびトラブルシューティング能力が強化される」と記すとともに、「Nyansaは、ベンダーに特化した今日のソリューションが持つ短所の多くを解決する実績あるソリューションだ」と続けている。

 Nyansaは2013年に創業。VMwareによると、Nyansaは現在、数千にのぼる顧客の拠点における2000万台以上のクライアントデバイスによるネットワークトラフィックを分析している。同社の顧客には、Tesla、Uber、Lululemon、Rooms To Go、GE Healthcare、サンフランシスコ国際空港、スタンフォード大学などが含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]