ITで業務効率は上がる--でも「情報が多すぎる」「ツールが多すぎて気が散る」 - (page 3)

阿久津良和

2020-01-29 07:15

 五十嵐氏も「(ITツールでコラボレーションが活発になったと回答した20代=56.8%と50代=30.7%、60代=35.7%を比較して)シニア層の意欲が今一歩だと感じる。年齢層にかかわらず『より使いやすい』に焦点を当てることが重要だ。昔のPCは会社から支給されたが、現在は全員がスマートフォンを個人所有している。それは(スマートフォンが)使いやすいから。この“使いやすさ”を企業システムに反映させたい。ITツールで世代間ギャップを埋め、年齢を問わないコミュニケーションの場を提供していく」と目標を掲げた。

 最後に2020年4月から中堅中小企業にも時間外労働の上限規制が課されることを背景に、「企業は短時間で多くのアウトプットを求められている。悩んでいる企業が多く、解決策があれば」と問うと、永山氏はビジネスドメインを定義しないと答えられないと断りつつも、1つのアイデアを提案した。

 「Steve Jobs氏の古いインタビュービデオで、動物の走行距離データを引用していた。人の運動効率は最も低いが、自転車を使うとトップになる。ツールを使わずして人間なのか。Dropboxに限らず、素晴らしいITツールを使いこなすには必須だが、中堅中小企業がつまずいている部分なので、ボトムアップでスマートフォンからITツール(の利用)を広げるのが重要だ」

 五十嵐氏も「大上段に構えず自分事と考えれば話は進む。ITツールを使えば生産性が向上するのは先生の話した通りだが、『ツールを使っているのか、ツールに使われているのか』を見直すべきだ。朝出社し、最初にやるべきことを頭に浮かべてからITツールに向かうのは、いきなりITツールを操作するのかが診断書になると考えている。月曜の朝9時は立ち返ってほしい」と持論を語った。

ITツールに対するポジティブコメントとネガティブコメント(出典:Dropbox Japan)
ITツールに対するポジティブコメントとネガティブコメント(出典:Dropbox Japan)
情報交換の場(出典:Dropbox Japan)
情報交換の場(出典:Dropbox Japan)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]