編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
トップインタビュー

テラスカイが見据える「クラウドインテグレーターの先」とは

聞き手・文=松岡功

2020-02-12 06:00

 クラウドインテグレーターとして注目されるテラスカイが、デジタルトランスフォーメーション(DX)支援をはじめ、海外進出、独自製品の展開、量子コンピューターの研究といった新たな事業にも力を入れ始めた。果たして、その目論見とは何か。「尖ったエンジニア集団でありたい」と言う代表取締役社長の佐藤秀哉氏に話を聞いた(写真1)。

テラスカイ 代表取締役社長の佐藤秀哉氏
テラスカイ 代表取締役社長の佐藤秀哉氏

ビジネスは好調だがエンジニア不足に打開策見えず

 「私たちはインテグレーターとして、日本でもまだまだ事業を伸ばせると思っているが、海外で成長著しい魅力的な市場があるならば、ぜひ進出したい。そう考えてここ2年ほど検討してきた結果、東南アジア地域にフォーカスし、その拠点としてタイに現地法人を設けて事業をスタートさせた」――。

 テラスカイは2019年12月、タイでクラウドインテグレーション事業を始めた。海外では、2012年から米国で一部の製品事業を行っているが、主力事業を現地で展開するのはタイが初になる。

 今回、佐藤氏にインタビュー取材を申し入れたのは、この動きがきっかけだった。まずは、この点についての経営トップとしての思いを聞いたところ、上記のコメントが返ってきた。

 この東南アジア地域への進出をはじめ、同社はこのところ、独自製品の展開や量子コンピューターの研究といった新たな事業にも力を入れている。

 ただ、やはりテラスカイといえば、クラウドインテグレーション事業が主力なので、まずは佐藤氏の説明を基に同事業の状況を見ていこう。

 全売上高(2020年2月期見込みで約90億円)の8割を占める同事業の内訳は、Salesforce関連が7割、Amazon Web Services(AWS)関連が3割で、合わせてこれまで4000件を超える導入実績がある。その内容も業種業態や企業規模を問わず、大手では各業界を代表する企業が名を連ねている。

 佐藤氏によると、同事業は活況を呈しており、引き合いの多さに対応し切れず、新しい仕事に取りかかれない状態が続いているという。

 その理由は、エンジニア不足だ。同氏は、「さまざまな手立てを使ってエンジニアを募集しているが、目算とはほど遠く確保できない状態が続いている。私の感触では、これからの3年間も仕事は潤沢にあるものの、エンジニアをきちんと確保できるかどうかが、ビジネスの成長のカギを握る」と窮状を訴えた。今回、このインタビュー取材に応じたのも、何とか人材確保につなげたいとの思いがあるようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]