編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

LinkedInのワイナーCEOが6月退任、会長に--後任は製品担当SVPロスランスキー氏

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-06 12:17

 Microsoft傘下のLinkedInは米国時間2月5日、新たな最高経営責任者(CEO)を発表した。Jeff Weiner氏の後任となるRyan Roslansky氏は現在、製品およびユーザーエクスペリエンス担当シニアバイスプレジデントを務めており、CEO就任後はMicrosoftのCEOであるSatya Nadella氏の直属となる。この人事は6月1日付けで発効される。

Microsoft
提供:Microsoft

 

 Roslansky氏のLinkedInのプロフィールによると、同氏は現在、LinkedIn製品の世界戦略の策定および実行の責任者を務めている。2009年よりLinkedInに在籍している。

 Weiner氏はLinkedInのエグゼクティブチェアマンになる。これはWeiner氏がCEOに就任した際に、LinkedInの創業者でありCEOでもあったReid Hoffman氏がエグゼクティブチェアマンに就任したのと同様の動きだ。Accel PartnersとGreylock Partnersの客員経営者を務めた経歴を持つWeiner氏は、2008年12月にLinkedInに加わった。それ以前には、米Yahooのネットワーク部門でエグゼクティブバイスプレジデントを務めていたこともある。

 Microsoftが2016年にLinkedInを買収した際、同社は今回は今までとは違うと繰り返し述べていた。Microsoftは過去の買収から得た教訓を糧に、LinkedInのマネジメントに干渉しないアプローチをとるとした。Microsoftは基本的に、LinkedInが自社事業の成長に注力できるようにするとともに、両社の製品の統合は比較的抑えたものにしている。

 LinkedInの共同創業者Hoffman氏は2017年3月にMicrosoftの取締役会に加わった。

 2019年7月には、LinkedInが今後数年をかけて、自社独自のインフラから「Microsoft Azure」に移行する計画だとMicrosoftが明らかにした。Microsoftはこの数年で、LinkedInの従業員1万4000人をGoogleのサービスから「Office 365」に移行させている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]