編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、Drawbridgeを買収へ--LinkedInのマーケティング製品強化に向け

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-05-29 10:37

 Microsoft傘下のLinkedInは米国時間5月28日、デジタルアイデンティティー管理を手がけるDrawbridgeを買収する契約を締結したとブログで発表した。買収金額は明らかにされていない。同投稿によるとDrawbridgeのテクノロジーを活用し、LinkedInのマーケティングソリューションプラットフォームを強化する計画だという。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 投稿で詳細は語られていないが、同社がDrawbridgeのテクノロジーを活用することで、LinkedInユーザーが「プロフェッショナルなオーディエンスへのリーチや彼らに対する理解を向上させるとともに、モバイル機器やデスクトップ機器を横断して投資利益率(ROI)を測定できるよう」支援する計画だと書かれている。

 MicrosoftはLinkedInを2016年に262億ドルで買収したが、ただちにその組織と製品群を自社に統合するのではなく、大筋においてLinkedInが今まで通りの路線を歩み続けられるようにしてきている。

 2011年に創業したDrawbridgeは、カリフォルニア州サンマテオを拠点としている。同社のウェブサイトには、「人工知能(AI)と機械学習(ML)のテクノロジーを大規模に活用し、IDのための民主的なソリューションを構築する」と記されている。

 Drawbridgeはユーザーの認証ツールやパーソナライゼーションシステム、マーケッティングプラットフォームと連携させることが可能なグラフを保有している。Drawbridgeのインテグレーションパートナーには、Adobe SystemsやSalesforce、Oracleなどがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]