編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

コベルコ建機と日本マイクロソフト、建設現場のテレワークシステムで協業

NO BUDGET

2019-05-24 17:31

 コベルコ建機と日本マイクロソフトは5月22日、建設現場のテレワークシステムの分野で協業すると発表した。このシステムは、コベルコ建機の目指す「K-DIVE CONCEPT」と呼ばれるもので、協業の第1弾として、K-DIVE CONCEPTにマイクロソフトのパブリッククラウド「Microsoft Azure」を採用。オペレーションの円滑化と可視化、コミュニケーションの効率化を図る。

K-DIVE CONCEPTの目指す姿
K-DIVE CONCEPTの目指す姿(出典:コベルコ建機、日本マイクロソフト)

 両社は人工知能(AI)やIoT、画像・音声の認識技術を用いて、アジャイル手法を使ってシステム開発を進める。また、コミュニケーション基盤を構築し、快適・安全な作業環境と実機同等の操作性、テレワーク化による働く時間、働く場所の制約解消、作業内容とオペレータースキルのマッチング最適化を目指す。さらにビジョンの具現化から最新テクノロジーを活用した課題解決手段の提案、導入までを一貫して進め、さまざまなソリューションを生み出していくため、連携を深めていく。

K-DIVE CONCEPTのステップアップイメージ
K-DIVE CONCEPTのステップアップイメージ(出典:コベルコ建機、日本マイクロソフト)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]