富士ゼロックスと東京メトロ、駅に個室の“仕事場”--15分250円から - (page 2)

藤代格 (編集部)

2020-02-07 07:15

 2018年10月~2019年3月、富士ゼロックスと東京メトロが共同で実施した実証実験のサービス化となる。富士ゼロックス アドバンスドインダストリアルサービス事業本部 デジタルプラットフォーム部 グループ長の丹野泰太郎氏は「2000人以上の利用があった実証実験のアンケートでは、66%からリピートしたいという声があった」と説明。テレワークやサテライトオフィス市場の拡大、移動の間の“隙間時間”の有効活用といった、多様な働き方のニーズ拡大を感じているという。

丹野氏
丹野氏

 一方、周りから見えてしまうといったセキュリティリスク、場所の確保や労務管理など、課題も増えていると指摘。自社の経営資源と外部のアイデア、技術を組み合わせて事業や価値を創出していく「オープンイノベーション」を両社で進めるなか、今回の構想に至ったという。

 実証実験は無償期間と有償期間を設定。無償期間中はほぼ埋まっていたという。「有償に移行すると稼働率は落ちたが、(無償期間中は埋まっていたため)早く有償化してほしいという声もあった。また、仕事の隙間時間ではないが“オフィスでは集中できない”といった利用、帰宅前のオンライン英会話、住民サービスの拠点など、多様なニーズもある。事業として成立すると判断した」(丹野氏)

ブース内イメージ(出典:富士ゼロックス) ブース内イメージ(出典:富士ゼロックス)
※クリックすると拡大画像が見られます

 ブース内にはコピー機やプリンタは設置しないが、コンビニでプリントできる「ネットプリント」サービス提供店舗を専用ウェブサイトから検索できるという。富士ゼロックス アドバンスドインダストリアルサービス事業本部 デジタルプラットフォーム部長の山口幸一氏は「バックヤードのシステムは富士ゼロックスが担当する。将来的に色々なサービスを提供できる」と説明。東京メトロへのココデスク設置を皮切りに、シェアオフィスサービス事業を本格化させると意気込む。

(左から)富士ゼロックスで執行役員 アドバンスドインダストリアルサービス事業本部 本部長を務める井上あまね氏、東京メトロ 取締役 経営企画本部 副本部長の小坂彰洋氏
(左から)富士ゼロックスで執行役員 アドバンスドインダストリアルサービス事業本部 本部長を務める井上あまね氏、東京メトロ 取締役 経営企画本部 副本部長の小坂彰洋氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]