編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
調査

国内IoTインフラ市場、2019年は16.2%増--「コア」から「エッジ」に割合増加

NO BUDGET

2020-02-07 12:48

 IDC Japanは、IoTインフラに関する国内の市場予測を発表した。2019年の支出額は前年比16.2%増の998億円になると見込む。また、2018〜2023年にかけては年15.8%で成長し、2023年には1788億円の市場規模になると予測した。

 IoTデバイスの普及台数は、世界で2018年に228億台、2025年には416億台になると予想した。そこから発生する年間のデータ量は、2018年に13.6兆GB、2025年には79.4兆GBになるという。IoTデバイスから送信されるデータは、ネットワークを通じて1カ所もしくは複数カ所に収集・蓄積され、データ分析に利用されるようになる。今後急激に増大するIoTデータを処理するための需要が拡大するとIDCは見ている。

IoTの3層モデル(出典:IDC Japan)
IoTの3層モデル(出典:IDC Japan)

 IDCでは、IoTの基本アーキテクチャーとして「3層モデル」を定義している。それをもとにインフラを「コア」「エッジ」に分け、それぞれの市場について分析・予測した。つまり、IDCがIoTインフラと言った場合、コアインフラとエッジインフラの2つのセグメントを合算した市場を指す。

 2019年のIoTコアインフラ市場は前年比12.3%増の666億円、2018~2023年の年平均成長は12.0%、2023年には1046億円規模になると予測した。2019年のIoTエッジインフラ市場は前年比25.1%増の331億円、2018~2023年の年平均成長は22.9%、2023年には742億円規模になるとしている。

 コアインフラとエッジインフラに対する予算配分は、2019年にIDCが実施したユーザー調査でも、今後はコアインフラの割合が減少し、エッジインフラの割合が増加するという結果が得られている。これらのことから、IoTインフラ全体における、エッジインフラの構成比は、2018年の30.8%から2023年には10.6ポイント上昇して41.5%になると予測した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]