編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト「Edge」バージョン80が安定版に--Arm64対応

Ed Bott (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-10 13:28

 Microsoftは米国時間2月7日、「Microsoft Edge」のバージョン80を「Stable(安定版)」チャネルで公開した。この新版はEdgeのダウンロードページから入手でき、デスクトップ「Windowd 7」~「Windows 10」、「Windows Server 2008 R2」以降、「macOS」「iOS」「Android」など、旧版でサポートされていたすべてのプラットフォームで動作する。今回のバージョンは、初めて「Surface Pro」などのArmベースの「Windows 10」を搭載するPCでネイティブの64ビットアプリとして動作する。

 オープンソースの「Chromium」エンジンをベースにした新しいEdgeブラウザーは、3週間ほど前に初めて正式な提供が始まったばかりだ。今回のバージョンの数日前には、Googleが同じくChromiumをベースとする「Chrome」のバージョン80をリリースした。Edgeの今後のバージョンは、約6週間ごとに行われているChromiumのリリーススケジュールにより近づいたものになるとみられる。

 今回のリリースで最も重要な新機能はArmプロセッサーのネイティブサポートだ。Microsoftによると、Edgeの64ビットArmバージョンは、すでにインストールされている32ビットバージョンを自動で置き換えるという。

 Edgeの旧版を置き換える準備ができていない企業のネットワーク管理者は、「Blocker Toolkit」をダウンロードして新版の自動配信を無効にすることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]