編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

埼玉縣信金と東京東信金、勘定系システム基盤をオープン環境に移行

NO BUDGET

2020-02-26 13:39

 埼玉縣信用金庫と東京東信用金庫は、日本ユニシスの協力のもと勘定系システム基盤をWindowsベースのオープン環境に移行。日本ユニシスが提供する基盤サービスによる運営を1月4日に開始した。

 両信用金庫は、日本ユニシスが提供する地域金融機関向け勘定系システムパッケージ「SBI21」を利用している。その稼働基盤を従来のメインフレームによるシステム基盤からオープン系システム基盤への更改した。

 更改の目的としては、オープン系システム基盤の採用とシステム基盤の一部共同化によるコスト最適化や、システム基盤における休日機の実装による柔軟なサービス時間延長、バックアップシステムの高度化がある。

 休日機の実装では、平日機と休日機の2系統を設置して相互に切り替え運用をすることで、24時間体制で稼働した際もメンテナンス時間を確保できるようになるとしている。

 またバックアップシステムの高度化では、日本ユニシスが提供する本番センター(西日本)と災対センター(東日本)を利用し相互のデータセンターの遠隔化を図ることで、BCP(事業継続計画)の高度化を図る。また本番センターオンライン系と災対センターオンライン系のデータをほぼリアルタイムに更新することで、有事における災対センターオンライン系への切り替え時間を大幅に短縮するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]