編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

マイクロソフト、ノーコードのモバイル向け「Power Apps」のベータ版を公開

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-04-03 10:53

 Microsoftは米国時間4月2日、「iOS」と「Android」向けにモバイルアプリ「Power Apps」のプレビュー版を公開した。キャンバスアプリとモデル駆動型アプリの両方を利用できる。

Microsoft
提供:Microsoft

 MicrosoftのPower Appsは、「C#」などのプログラミング言語の知識がなくても業務アプリを構築できる「ローコード」ツールの一例だ。

  ユーザーはキャンバスアプリを使い、キャンバス上で要素をドラッグ&ドロップして、「SharePoint」や「Excel」のほか、他社製を含むさまざまなデータソースを統合できる。モデル駆動型アプリの場合、レイアウトはユーザーのために自動的に指定される。

 新しいPower Appsモバイルアプリのベータ版は、この両タイプのソフトウェアを単独のアプリに統合して、キャンバスアプリとモデル駆動型アプリを1つのリストで提供する。

 Power Appsのプログラムマネージャーを務めるKavishi Agarwal氏は、「現在1つのモバイル機器で、キャンバスアプリとモデル駆動型アプリを使用するには、異なる2つのモバイルアプリをインストールしなければならないため、非常に厄介だ」と説明した。

 Microsoftは、Power Appsのモデル駆動型アプリを一新し、モバイル利用に適した応答性のよいユーザー体験を提供している。ジェスチャーに対応し、アニメーションを刷新したほか、すっきりしたレイアウトを採用した。

 左上部にある3本線のナビゲーションメニューから、スライドアウト式のサイトマップにアクセスできるようにしたほか、全ページ右上に「Search and Quick Create」のために「+」アイコンを設置。またナビゲーションを改善したほか、ページレベルのコマンドは画面下部に用意した。

 ユーザーは、モデル駆動型アプリをAndroid端末やiPhoneのホームスクリーンにピン留めして、ネイティブアプリのように利用できる。

 Microsoftは2015年にPower Appsを発表した。ビジネスユーザーや開発者は、コードを書くことなく、カスタムのネイティブアプリやモバイルアプリ、ウェブアプリを作成できる。このサービスは同社のクラウド「Microsoft Azure」で稼働し、「Microsoft Graph」インターフェースを介して、「Office 365」のデータと連携する。

 Googleも1月にシアトルを拠点とするAppSheetを買収し、ローコードプラットフォームを「Google Cloud」で提供している。

 AppSheetは、「G Suite」やGoogle Cloudのほか、Office 365、「Salesforce」「Box」「Dropbox」などのデータソースと統合できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]