編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

公的年金の運用法人、SASのアナリティクス基盤を採用--インデックス情報を収集・分析

NO BUDGET

2020-04-24 13:28

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、ポスティングされたインデックス(株価指数)情報を効率的に蓄積し、財務情報やESG(Environment〈環境〉、Social〈社会〉、Governance〈企業統治〉)情報を含む非財務情報などと統合して、分析するための基盤(IDEAS:Index Data Entry and Analysis System)にSAS Institute Japanのアナリティクスプラットフォームを採用した。

 SASのアナリティクスプラットフォームは、プログラミングスキルの有無にかかわらず、同じプラットフォーム上で分析作業を行える。また、使用するツールがオープンソースソフトウェア(OSS)であっても、統一された方法で入力データ、レポート、アルゴリズム資産、モデリングプロセスを管理・共有・比較することで最良のモデルを作成できる。

 さらに、作成したプログラムは部門メンバーで共有可能で、プログラムの再利用などの作成効率の向上だけではなく、分析結果をウェブベースの視覚的なダッシュボードとして保存できる。分析結果のデータ、グラフ、図表などはOffice上に保存され、レポート作成などの業務を効率化できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]