編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

みずほ証券、資金洗浄やテロ資金供与の対策強化--SAS製品を活用

NO BUDGET

2020-04-01 11:02

 みずほ証券は、SAS Institute Japanの「SAS Anti-Money Laundering」と「SAS Customer Due Diligence」を採用した。マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与への対策強化を進めている。

 国内の金融機関は、金融活動作業部会(FATF)によるマネーロンダリングに関する審査への対応として、自社が直面しているマネーロンダリングとテロ資金供与リスクを適時・適切に特定・評価し、リスクに見合った低減措置を講ずること(リスクベースアプローチ)が求められている。

 SAS Anti-Money Launderingは、みずほ証券が保有する膨大な顧客データ、取引データの中から、マネーロンダリングのリスクの高い取引を検知する。SAS Customer Due Diligenceは、口座の属性や保有する商品などの多角的な情報を使って、顧客のリスク度合いに応じた格付を付与し、定期的な調査を行うための期日の計算を行う。

 これらの機能は1つのプラットフォーム上で提供され、リスクベースアプローチに基づく顧客管理と疑わしい取引の届出業務を支援する。

 今回の導入プロジェクトにおいて、SASのコンサルティングチームは、疑わしい取引の検知ロジックや顧客リスク格付のルールを最適化するための分析を担当し、システムの導入を支援した。導入後の業務負荷を抑えながら検知能力を高めていくための運用ノウハウも提供した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]