編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ
海外コメンタリー

英国の新型コロナ接触追跡アプリ、プライバシーをめぐる議論と展望

Daphne Leprince-Ringuet (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-04-30 06:30

 NHSXの責任者であるMatthew Gould氏は、英国政府が開発している新型コロナウイルス感染者の接触追跡アプリについてのブログ記事で、国民の信頼を得るためには、この危機的な状況下であってもプライバシーを守る必要があると述べている。NHSXとは、英国の国民保健サービス(NHS)のデジタル化ポリシーを策定している、英国の政府機関だ。

 NHSXで接触追跡アプリの開発を主導しているチームの責任者であるGould氏は、このアプリの開発では、最初の設計からユーザーによるテストまでの「すべての段階」で、セキュリティとプライバシーを最優先事項として扱っていると主張している。NHSXは、アプリのセキュリティとプライバシーに関する設計とソースコードを公開し、サードパーティーの専門家がアプリの中身を詳しく調べられるようにする予定だという。

 現地時間4月12日、英国の保健大臣Matt Hancock氏は、新型コロナウイルスの症状を示している人を追跡し、プライバシー情報を侵害せずに、その人物の周囲にいた人に警告を送るアプリを作る計画を明らかにした。

 Gould氏によれば、このアプリはオックスフォード大学の医学研究者のチームが開発したアプリのコンセプトのモデルをベースにしたもので、近距離無線通信技術の「Bluetooth Low Energy」をうまく利用することで、過去数日の間に近くに来たすべてのスマートフォンの記録を残す。記録されていたスマートフォンユーザーの感染が明らかになった場合、その人の匿名性を守ったままで、感染リスクがあるすべてのユーザーに警告が送られる。自宅で自己隔離を行うように勧告される場合もあるという。

 このアプリは、Bluetoothの信号を利用して、同じアプリをインストールしているスマートフォン同士の距離を測定して記録する。Gould氏は、その記録は匿名で、「自分のスマートフォン上に安全に保管される」と述べている。患者の症状に関する情報についても、自己診断のものか、医学的な検査によって確認されたものかを問わず、すべて匿名化される。

 「このデータは、NHSの治療、管理、評価、研究にのみ使用される」とGould氏は言う。「私たちは、データ保護法を含む個人情報の利用に関する法律を必ず遵守し、情報をどのように使用するかをユーザーに説明する」

 ユーザーはいつでもアプリと関連データを削除でき、ツールの動作に変更があった場合には、プラットフォーム上でその内容が説明されるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウド基盤

    あまり知られていない“クラウド導入の現情”─業界人が本音で語る!

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ施策の鍵を握る制御システム(OT)とITの統合、そのポイントと対策を解説

  3. 運用管理

    ダッシュボードは時代遅れ、最新クラウド分析で誰にでもパーソナライズされたインサイトを提供する方法

  4. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  5. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]