編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ローコード開発ツール「FileMaker 19」がリリース--クラウド版は東京リージョンに対応

NO BUDGET

2020-05-22 17:34

 クラリス・ジャパンは5月21日、ローコード開発ツールの最新版「Claris FileMaker 19」を発売した。併せて、クラウド版「Claris FileMaker Cloud」の東京リージョンでの提供を開始した。

 FileMaker 19では、JavaScriptの使用が可能になった。JavaScriptライブラリを利用したり、カスタムコードを作成したりして、地図やアニメーション、グラフなど、よりリッチなユーザーインタフェースを組み込めるようになった。

 また、機械学習フレームワーク「Core ML」や音声アシスタント「Siri」、NFC(近距離無線通信)タグの読み取りにも対応するなど、ユーザーエクスペリエンスの向上が図られている。これによって、画像分類や感情分析、オブジェクト検出といったユースケースにも対応できるようになる。

 ワークフロー自動化の「Claris Connect」では、電子契約サービス「クラウドサイン」、ビジネスチャット「Chatwork」と接続するためのコネクターが追加された。Claris Connectは、FileMakerで開発したアプリやサービス、データを統合・連携するクラウドサービス。Twitter、Slack、Dropbox、Box、Twilioなど、およそ50種類のコネクタ ーが用意されている。

 クラリス・ジャパンでは、日本で広く利用されているサービスのコネクター実装に注力していくとしており、「LINE WORKS」や「駅すぱあと」などの追加を計画しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]